オススメのインドネシア人バンド・アーティストを紹介します!

Assalamu alaikum!

みなさんこんにちは!

いちごおじさん.comを運営しているたくい(@TakuiZombie

です。

 

今回は僕が好きなインドネシア人アーティストを紹介したいと思います。

インドネシアに興味を持ったのであればPop cultureにも目を向けてみるとよりインドネシアが魅力的になるかもしれません!

では見ていきましょう!

POPS

Al ghazali

若いアーティストです。

留学当時に仲良かったインドネシア人の友達がヘビロテしていて気になり聴いてみたら素直に耳に入ってくるメロディで僕も当時ヘビロテしていました(笑)

Andra and the backbone


かなり有名な曲です。

いかにもインドネシアって感じで、ハスキーボイスに恋愛の歌詞(笑)

でもメロディが秀逸です。

Armada


かなり一時期流行った曲です。

Lyric videoがかなり切なく、失恋したときなんかに聴くと余計に悲しくなります(笑)

これもメロディが聴きやすくて好きです。

Barasuara


このバンドが一番僕はインドネシアで大好きです。

これだけインドネシアのテイストをバンドに組み込んだアーティストはいないと思います。

しっかりとオリジナル性が確立されていてWesternizeされていない。

インドネシアンロックと呼べますね!

このバンドはオススメです!

Bondan Prakoso


この曲はインドネシアの曲にしては歌詞が珍しく恋愛系ではありません(笑)

何か目標に向かっているひとに向けての歌詞です。

元気が出るそして懐かしい感じの曲です。

Budi doremi


インドネシアのBruno mars!?(笑)

曲調が南国チックで、ハンモックに揺られながら聴きたいアーティストといえばこの人といった感じです。

僕がインドネシアで2番目にすきなアーティストです。

聴くとインドネシアの光景、景色を思い起こさせてくれます。

Gamaliel Audrey Cantika

男女混合のグループです。

ノリがよく、思わず肩を揺らして聴きたくなる曲です。

朝に聴くといいかもしれないですね!

Geisha

インドネシアでは大ベテランの女性ボーカルバンド。

僕が大好きなインドネシア人コメディアンのRaditya dikaが監督をした映画「SINGLE」の劇中歌です。

オススメのインドネシア人コメディアンを紹介します!!

2018.11.23

こちらの曲も恋愛の歌詞ですね。

メロディがゆっくりで聞いていて心地いいですが、悲しくもなります(笑)

Isyana sarasvati

こちらもやはり一時期どこでも流れていた大ヒット曲です。

歌詞は結ばれることが絶対にない関係をうたっています。

不倫のニュアンスがあります・・・

メロディが悲しげで、胸を締め付けられます。

Mocca

メルヘンな感じで癒されますねー。

インドネシアな雰囲気は全くありませんが、かなりお気に入りです。

Nidji

インドネシアでかなり知名度がある映画Laskar pelangiの主題歌を歌っているバンドです。

名曲中の名曲です。

The overtunes

今風なアコースティックの曲が多いバンドです。

かなり落ち着きます。

なんでインドネシアのアーティストはこんなにメロディ作るの上手なんでしょう(笑)

こちらもオススメ!

The Rain

僕がインドネシアのカラオケに行ったら必ず歌うこの曲。

若干沖縄ロック入ってる感じします(笑)

すぐに耳に入りやすい曲調で大好きです。

大体インドネシア人は知ってる曲です。

Raisa

インドネシア人の若者の間でビジュアル・歌唱力ともに絶大な人気を誇る歌手。

基本的に恋愛をテーマにしている曲が多いです。

上記の歌が彼女の曲の中で僕は一番好きです。

RAN

RANといえばこの曲!

誰もが知っています(笑)

カラオケでもこれを歌っておけば間違いないですね!

実はインドネシアで活躍されている加藤ひろあきさんが日本語に訳してRANが歌っている日本語Verもあるんですねー!

ぜひこちらも聴いてみてください!

Rizky febian

こちらはインドネシアのさんま!?と僕が勝手に思っているSuleの息子です。

Suleは下の動画で机に座っている変な髪形をしている方です(笑)

Rizkyは親の七光りもあるかもしれませんが歌唱力は抜群ですし、曲もかなり人気がありました。

 

Sheila on 7

僕の第2の故郷・ジョグジャカルタ出身のバンドで昔から人気です。

一度ライブを観たことがありますがかなりパワフルです。

動画の曲は最近の落ち着いた曲調になってますが、もとはパンクよりなバンドでした。

時代は流れるものですね・・・

Souljah

レゲエが好きな方にはこのアーティストですね。

ゆるーい感じで南の楽園にいる自分を想像してしまいます(笑)

TULUS

こちらもインドネシアで人気のあるアーティストTULUS(トゥルス)。

落ち着いた曲調が多いです。

見た目とは裏腹に歌詞は切ないですね。

先ほど紹介した加藤ひろあきさんはTULUSの上の動画の曲にも日本詞を提供しています。


日本語にもしっくりきてますね。

優しいメロディに癒されます。

Wali

そして最後はインドネシアの音楽!ってこういうのだよねと聴いた瞬間に思ってしまうバンドWali

オリジナリティがあり、そして若干コミカルなところもカッコつけてなくていいですね(笑)

番外編!!!

カラオケや飲み会で駐在員は必ず何を歌えばいいかわからないでしょう。

そんな時にオススメなのがこちら↓


もうバカウケ必至です(笑)

これはインドネシア人の前でも必ずウケます!

動画を観ながら練習して笑いをかっさらいましょう(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なかなかインドネシアの音楽に触れあうことは難しいかもしれませんが本記事で紹介したバンドやアーティストを気に入っていただけると嬉しいです。

こんなジャンル無い?とかのリクエストなんかもあればぜひご連絡ください!

 

では!

読むだけだなくて、シェアしてくれっど嬉しいな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です