【19/20 ダルマシスワ奨学金の募集が始まりました!】

Assalamu alaikum!

みなさんこんにちは!

いちごおじさん.comを運営しているたくい(@TakuiZombie

です。

そして明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年も明けまして僕は元気に熊本でいちご栽培の勉強をしてまーす。

検索エンジンからこのサイトに来ていただいてる方も多くなってきているので、

僕のプロフィールも載せておきますね。

プロフィール

2018.07.03

簡単に自己紹介すると、

ダルマシスワ経験者が紆余曲折あり、

インドネシアでいちごを栽培しますおじさんです。

インドネシアに興味を持っている方、農業に興味持っている方そんな方々に発信をしているブログになります。

今後はインドネシアに乗り込んでどんどん現地の実情や進捗を発信していくことが多くなります。

Twitterもやってますので是非是非!

よろしくお願いします!

ではでは、

本年度も募集が開始されました!

ダルマシスワ奨学金!

ダルマシスワって何?

って方は前年度の募集要項に合わせて詳しく説明した記事がありますので是非読んでみてください。

インドネシア留学ならダルマシスワがおすすめ!!

2018.11.23

 

今回は募集要項に変更は無さそうでした。

また、本記事ではダルマシスワ時代の仲間で現在インドネシアを拠点に頑張っている友達にコメントももらっています!

 

※まだ友達からコメントが来ておりませんのでいましばらくお待ちください。

随時更新していきます!

お楽しみにー!

ではいってみましょう Ayo!!!

 

 

スケジュール

まずは今年のスケジュールを見てみましょう。

オンラインでの申込

1月1日から3月1日まで

大使館または領事館でのインタビュー

3月4日から15日までの間の指定された日時

大学による選考

3月18日から4月3日まで

発表

4月10日

参加表明

4月10日から4月30日まで

スケジュール等の最終発表

5月6日

フライトスケジュールの報告

5月7日から8月1日までの間

ジャカルタ到着

8月28日

オリエンテーション

8月29,30日

その後各々の大学へ担当者と出発という流れになります。

元の文章は下記になります。

1.Online registration – 1 Januari 2019 until 1 March 2019
2.Interview at related KBRI/KJRI – 4 March 2019 until 15 March 2019
3.Selection by the University (online) – 18 March 2019 until 3 April 2019
4.Announcement – 10 April 2019
5.Attendance confirmation – 10 April 2019 until 30 April 2019
6.Final Announcement – 6 May 2019
7.Flight itinerary confirmation – 7 May 2019 until 1 August 2019
8.Arrival at Jakarta, Indonesia – 28 August 2019
9.Orientation program at Jakarta, Indonesia – 29 until 30 August 2019

まず言っておきます。

このスケジュール通りには行きません。

毎年遅れて、

応募者はまだかなまだかなとモヤモヤする時期が必ずあります。笑

まさに

ザ・インドネシア笑

僕もお気持ちはものすっッッッッッッごく分かります。

どうしても待ち切れない、

少しでも進捗が知りたいという方は

大使館に連絡してみましょう。

電話がオススメです。

https://www.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

疋田(ひきた)さんというベテランの「優しい」方が対応して下さるのですが、

まず電話にすぐには出てもらえません。

かなりご多忙なので。

そこで一つアドバイスを!

電話をしたら必ず留守電になります。

疋田さんの目の前に電話はあるのに笑

なので、まずは名前と要件を手短に言いましょう。

受け取ってもらえる確率が高まります。

そして、出ていただけたと思ったらまずたじろぐかと思います…

す・こ・し怖いです。笑

でも優しいんですねー。

聞きたいことあれば丁寧に答えて下さいますので、ご無礼の無いように話しましょう。

必要書類

・(英文)履歴書(英文)

・健康診断結果パスポート(18か月以上の有効期限が必要)

・推薦状

・最終学歴の卒業証明書

・志望理由書(英語またはインドネシア語で500文字)

推薦状は大学の恩師に頼みましょう。

いなければ教授に頼みましょう。

その方が信用に繋がるし、合格率も上がります。

また志望理由書は、

なぜダルマシスワで行きたいのか。

なぜインドネシアに留学したいのか。

熱意を持って今後の展開まで記入出来るとより印象か高まるかと思いますね!

下記原文になります。

1.Curriculum vitae/resume
2.Medical certificate
3.Passport valid at least 18 months from time of arrival in Indonesia
4.Recommendation Letter From Education Institution / Professional Institution on official letterhead and signature (in English)
5.Last academic transcript and certificates (in English)
6.Language certificate (if applicable)
7.Other certificates that related to the field you’re applying (if applicable)
8.Writing essay about purpose of study (in english or bahasa Indonesia maximum 500 words)

※TOEICなどの証明資料はあればで構いません。

 

去年から?なのかオンラインで応募が出来るようになってます。

かなり簡単にできますね!

ここから入り、登録画面になりますのでそこから順繰り入力していくのみです。

 

また費用も去年と変わりないですね。

オススメの地域

これは各々の目的によって変わってくるかなと思います。

ビジネスを見越した留学の方は、

ジャカルタ一択ですね。

日系企業は数え切れないほどあり、起業家も集まります。

流行りのブロックチェーン、VR

または飲食や不動産…

その反面誘惑も多く、勉強に集中出来るかは疑問です。笑

他には、Malang, Semarang, Surakartaあたりもオススメというか安定した充分な教育を受けられると思います。

交流や伝統に触れ合いたいというのであれば、

ジョグジャカルタを個人的にお勧めします。

学生の街とも言われており、大学があちこちにあります。

また観光にも力を入れており、

ボロブドゥール遺跡、プランバナン寺院、マリオボロ通りなどなど

そしてバティック作りを体験できるお店や銀細工も有名だったりします。

僕もダルマシスワ時代はジョグジャカルタで過ごしました。

Sanata dharma大学を選びました。

先生達が同年代で友達感覚で勉強ができ環境的には抜群でしたね。

また近くにもかの有名な、

ガジャマダ大学やジョグジャカルタ国立大学もあります。

現在ガジャマダ大学によっぴーちゃん@YOPPIE92

がダルマシスワ生として通っていますので直接連絡を取ってみてもいいかもしれませんね!

生の情報は間違いありません!

よっぴースペース

彼女は同じ茨城出身ということで、僕はかなり応援しています。

インドネシアの事をブログでかなり頻繁に発信していますので是非ご覧になってみてくださいね!

ダルマシスワ時代の楽しかったこと、辛かったこと

まず楽しかった事というか良かった事ですが、

海外の仲間ができた事

あれから3年経ちますが今だにLINEで連絡を取っています。

そして今後の展開や取り組んでいる事を報告し合っています。

みんな頑張っているんだなーとキャッチアップできるとモチベーションに繋がるので、

あぁダルマシスワ応募して良かったなとつくづく思う瞬間ですね。

また辛かったことは、

これはダルマシスワに限った話では無いのですが、

インドネシア人との付き合い方です。

これはよっぴーちゃんもかなり苦しんだと言ってましたが、

日本人は嘲笑される傾向があります。

なぜなら発音がどうしても可愛らしくなってしまうから。

僕もよく笑われます今だに。

でも、そんなこと気にして諦めたり恐れないでください。

はるごんの動画

この動画をみてください。

この番組はIni talk showといい、バラエティ番組としてかなり人気の番組にはるごんは恐れなくむしろ出過ぎなぐらい前に前にいきます。

それは間違っていてもダサくても面白い存在であればいい。

と腹をくくっているから。

どれだけ綺麗なゲストが隣にいても関係なくいつもの「はるごん節」を発揮します。

これは見習うべき点ですよね。

バカにされてもいい。

必死に伝えようとすれば、人間どこでも同じ。

必ず認めてくれます。

壁をぶち壊しましょう!

ダルマシスワ奨学金経験者のコメント

こちら当初はそのまま載せる予定でしたが、

7名集まりそうで少々長くなるので

別記事にまとめました!

これを読むことで【ダルマシスワのあとの自分】が想像できる要素になれればなと思います!

まだ3名のみですが合計7名となります。

随時更新していきます!

ダルマシスワ奨学金経験者によるコメント!!

2019.01.18

教材の紹介

次に実際にダルマシスワの授業で使った教材を紹介します。

主にリスニング、文法、読解の3本柱でした。

 

大学により教材は違いますので、参考程度にご覧ください。

文法↓

読解↓

こちらは上級クラスの教材のため少々レベルが高いですが、ご安心ください。

もう少し初心者向けの教材もあります。

 

また辞典は必ずもっていったほうがいいです。

下記おすすめの辞典になります。

ちょっと高いですが、こちらはほかの既存のインドネシア語の辞典とは違います!

既存のものは例えば接頭辞me動詞がのってなくて語根で調べるしかないのですが、こちらの辞典はそのままのっている。

そして日本語→インドネシアも搭載!

めちゃくちゃ優れものです!

まとめ

ざっくばらんに説明してきました。

世界どこを見てみても、これだけ金銭的にも経験的にも貴重な奨学金は無いと思います。

迷うなら動いてしまえ。

迷う必要はありません。

可能性が広がっていきます。

やったりましょ。

最後までありがとうございました。

読むだけだなくて、シェアしてくれっど嬉しいな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です